木下ほうかの本名がやばい?在日韓国人の噂や芸名の由来について

今回は俳優・木下ほうかさんの本名についてみていきましょう。

木下ほうかさんの本名がやばいという情報や、在日韓国人の噂や芸名の由来についても調べてみました。

木下ほうかの本名は?

木下ほうかさんといえば、ドラマ『昼顔』でのモラハラ夫役や、バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』のでのイヤミ課長役で人気を集めましたね。

すでにお50歳を超えてのブレイクという遅咲きな俳優さんですが、さまざまなドラマに出演しバイプレーヤーっぷりを発揮しています。

そんな木下ほうかさんの本名は、「木下鳳華(きのした ほうか)」で読み方が同じようですね。

この木下ほうかさんの本名をめぐって、在日韓国人では?というウワサが浮上しているようです。

木下ほうかは在日韓国人?

この「鳳華」という名前は木下ほうかさんの祖父がつけたそうですが、名前の漢字から「在日韓国人なのでは?」と噂されるようになりました。

木下ほうかさんの本名の漢字「鳳華」の「鳳」は、最近ではそこまで珍しくなく、女優の土屋太鳳さんなども使用していますよね。

しかし実は、人名用漢字として採用されたのは1990年と割と歴史が浅いものなんです。

木下ほうかさんは1964年生まれなので、当時「鳳」は人名として届けられない漢字でした。

そういったことから、木下ほうかさんの本名は1990年以降に日本に帰化する際につけられた?といわれています。

さらに名字の「木下」は、「朴(パク)」姓の在日韓国人が通名として使用している漢字です。

木下ほうかさんは自身初主演映画『sWinG maN(スイングマン)』でプロデューサーとしてクレジットされ、”朴鳳華”の名義を使用していたそうです。

このことから、木下ほうかさんの本名は”朴鳳華”で、帰化した在日韓国人という可能性も高そうですよね。

そして『龍が如く 極2』の新作発表会において、共演者の寺島進さんが「ステージに上がっている中に数人朝鮮人がいる」と発言して問題となりましたが、その中に木下ほうかさんが入っていたようです。

寺島進さんの発言的には人種差別のように聞こえますが、出演者の木下ほうかさんの在日韓国人疑惑がよりいっそう深まることになりました。

さらに名前だけでなく、その見た目も韓国人に近いといわれているようです。

木下ほうかさんの顔立ちとして、エラが張っていて韓国人の特徴がある顔立ちだとか。

しかし、日本人でもエラの張っている人はかなり多くいますよね。

見た目的としては純日本人なので、これは理由にならないでしょう。

木下ほうかの芸名の由来

木下ほうかさんは大阪府大東市出身で、在日韓国人だったとすると二世、三世に当たることになります。

スポンサーリンク

木下ほうかさんの父親は一級建築士をしていたそうで、かなりのお金持ちでした

実家は小高い丘の上にあり、プールもあるほどの豪邸だったそうで、幼少期からお金持ちの子供としてプライドが高かったそうです。

小学生になった木下ほうかさんは美少年として有名で、通学中女子中学生に声をかけられたり、バレンタインデーに大量のチョコをもらうこともあったとか。

かなりモテモテだった木下ほうかさんでしたが、大阪府立野崎高校に進学するとヤンキーファッションに目覚めます。

世間はツッパリブームが到来していたこともあり、剃り込みをいれてリーゼントにしたりヤンキーファッションをしていましたが、流行りに乗っただけで不良ではありませんでした。

木下ほうかさんは自主制作映画『17歳』を撮っていますが、当時歳をとりたくないと思っていたので全力で青春を謳歌するべく高校2年生の頃に彼女もつくっていました。

ずっとモテモテだったので将来アイドルになりたいと考えていましたが、現実はうまくいかず下積み時代は大変長かったようです

1980年、16歳の時に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し、俳優デビューを果たします。

その後大阪芸術大学に進学し、卒業後は吉本興業大阪本社に入社し吉本新喜劇デビューをしています。

しかし、思うように結果を残せないまま3年で退団しました。

その後上京し、本格的に俳優を目指すことになります。

吉本時代からの友人だった島田紳助さんの助言から、上京後しばらくは島田紳助さんにお世話になっていたようです。

それから映画監督の井筒和幸さんと知り合い、マツ・カンパニーからキャストパワーに事務所をうつります。

Vシネマを中心に出演していましたが、25歳から7年間は仕事がもらえず、水道配管のアルバイトをしていました。

そこから長い下積み生活を送っていた木下ほうかさんは、2014年7月に放送されたドラマ『昼顔』にてヒロインの夫役を演じ、そこでみせた強烈な嫌われキャラが注目されます。

木下ほうかさんは、下積み時代から地道な売込みをしていました

業界関係者に好かれるために、業界関係者やプロデューサーが参加する飲み会に積極的に参加します。

良い人そうに見えながらも本質は粘着質で嫌味な役をうまく演じていて、視聴者をイラっとさせることも多々(笑)

木下ほうかさんが吉本新喜劇時代に学んだ「笑いの基本」があるからこそ、シリアスな演技からノリツッコミまでできてしまうのでしょう。

「木下」の名字の全国順位&人数

「木下」という名字は全国順位95位で、人数にするとおよそ188,000人です。

たしかによく聞く名前ですもんね!

「木下」の由来

「木下」という名字は伊勢地方に多く見られるようです。

香椎神宮が縁の木下姓もあります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする