小栗旬の本名は?あだ名がオグリキャップ?デビューのきっかけは?

今回は俳優・小栗旬さんの本名についてみていきましょう。

小栗旬さんのあだ名がオグリキャップという情報や、デビューのきっかけについて調べてみました。

小栗旬の本名は?

小栗旬さんといえば、いまや国民的人気俳優として活躍していますよね。

映画にドラマ、そしてここ近年では映画監督と幅広く活躍している方です。

プライベートではモデルで女優の山田優さんと結婚し、2人のお子さんに恵まれてまさに順風満帆な人生といった感じですよね。

そんな小栗旬さんの本名が気になるところですが、本名も「小栗旬」で変わらないみたいですね。

小栗旬さんほどの大物俳優さんでも本名で活躍しているとは意外ですよね。

スポンサーリンク

「小栗」という名字はめずらしいので芸名かと思いました!

小栗旬さんについて調べていくと、小栗旬さん本人だけでなく、家族もすごい芸能一家ということが分かりました。

まず父親は小栗哲家(おぐりてつや)さんといい、愛知県出身の舞台監督です。

日本舞台監督協会の理事長も務めていて、アートクリエイションという会社の社長もしています。

母親は一般人なのですが、バレエ教室の先生をしているそうでその業界では有名な方です。

母親が開いているその教室には、山田優さんとその家族も通っているとか。

お兄さんは小栗了(おぐりりょう)さんといい、元俳優でディスピエールというファッション会社を経営しています。

とても豪華な芸能一家だったのですね!

小栗旬さんの家族を調べていくと、競走馬・オグリキャップのオーナー・小栗孝一さんが浮上していきます。

おなじ「小栗」という名字なのでもしかしておじいさん?との噂があったようなのですが、まったくの赤の他人だったようです。

「小栗」の名字の全国順位&人数

「小栗」という名字の全国順位は893位、全国人数にするとおよそ20,800人です。

スポンサーリンク

かなり珍しい名字だと思っていましたが、結構な人数がいるんですね!

「小栗」の由来

「小栗」の由来は、現茨城県の常陸国真壁郡小栗村が起源となっています。

桓武平氏、清和源氏、紀氏、小野氏から派生した名字とも言われています。

小栗旬のデビューのきっかけ

小栗旬さんは小学校6年生の時に「内田有紀さんと共演したい!」という夢をかなえるため、オーディションを受けます。

小栗旬さんがオーディションを受けたのは新聞の端にあったオーディション広告を見つけたからでした。

見事合格し、始めはエキストラとして子役デビューを果たしています。

このデビューしたときは1994年、まだ11歳のときでした。

そして1998年、反町隆史さん主演のドラマ「GTO」にてドラマのレギュラー出演を勝ち取ります。

当時の年齢は15歳でしたが、堂々とした演技で知名度を高めます。

このとき演じたのはいじめられっこの生徒役だったわけですが、今ではクールな役のイメージが定着しているので、そのギャップに驚かれた方も多いことでしょう。

そしてドラマ「花より男子」で演じた花沢類役が見事にウケ、一躍人気者になりました。

さらにアニメ「名探偵コナン」の実写版としてスペシャル放送された「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章〜」にて、初めてドラマ主演を務めます。

花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」でもイケメンキャラとして女子のハートをつかんでいましたね。

ますます輝き続ける小栗旬さん。今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする