奥菜恵の本名は三桝貴恵?自宅住所やオッドアイのわかりやすい画像まとめ!

こちらでは女優として活躍中の奥菜恵さんの本名に関する情報についてまとめています。

奥菜恵の本名は三桝貴恵!非公開だったのにどこで発覚したの?

奥菜恵の本名は、三枡貴恵(みすまたかえ)で1979年8月6日生まれ。

(2017年3月現在)37歳です。

本名は非公開になっていましたが記載を発見しました。

奥菜恵さんの本名は三桝貴恵(みます たかえ)さん。

最近まで非公開になっていたようですが…なぜ本名を隠していたのでしょうか?

Q.奥菜恵の本名は三枡貴恵というそうですが、日本人なんですか?なんか中国っぽいけど・・

A.由緒正しい日本の名称です、「舛花色(ますはないろ)」という色があります。

スポンサーリンク

それは、歌舞伎の市川家が着物によく使う色で、そのことから市川家の家紋は「三舛」と呼ばれています。

おそらく、三桝という苗字が珍しいため中国出身なのでは?と思うファンがなかにはいるため隠していたのではないかと思われます。

実際は広島県出身の日本人女性です◎

1992年、13歳の時にフジテレビのテレビドラマ『パ★テ★オ』で宝田明の娘役で芸能界デビュー。

芸名の「奥菜恵」が珍しいと言うことから役名で使用された。

1995年には「この悲しみを乗り越えて」で歌手としてもデビューする。

奥菜恵さんは1992年で芸能界デビュー以来、「若葉の頃」「呪怨劇場版」など数多くの作品に出演してきました。

初の結婚は、2004年1月にIT企業のサイバーエージェントの社長である藤田晋と結婚しました。

その後、2009年に一般男性の会社員と再婚をして、2人の娘を出産しています。

一般男性では、金銭的に余裕が無かった事と奥菜恵の不倫が原因で離婚に至ったと言われています。

2015年9月2日に、離婚の発表をしました。

そして奥菜さんは恋多き女性で過去には斎藤工さんや押尾学さんといったイケメン俳優と交際疑惑が上がっているほか、結婚は3回もしているんです!!

奥菜恵最初の旦那は超お金持ちの社長さんでしたが、価値観の違いで離婚した模様。

現在の旦那様は木村了さん。

10歳もの年があり、奥菜さんが姉さん女房です。

若い頃からこんなにモテるのはただ単に顔が美しいだけではなく、どこかミステリアスな雰囲気があるからでしょうか…。

人生に一度くらいはこんなにモテてみたいものですw

奥菜恵の自宅の場所(住所)が気になる!候補に渋谷区や目黒区が!

スポンサーリンク

お子さんの学校が渋谷区にあるようなので奥菜恵さんと木村了さん夫妻の自宅は渋谷区鶯谷町・渋谷区南平台町・渋谷区鉢山町あたりの代官山~渋谷にかけての閑静な住宅街か、渋谷区広尾~恵比寿にかけての住宅街に住んでいる可能性も高いと思われます。

もしくは目黒区の幼稚園に通っていたそうなので、目黒区の可能性も高いです。

奥菜恵さん&木村了さんの自宅は渋谷区もしくは目黒区にあるのではないかという噂が流れている模様。

以前、ものまね芸人のホリケンさんの子供さんと同じ祐天寺の保育園に通っていると言われいるほか、実際にホリケンさんは祐天寺周辺で目撃情報が流れているので個人的には目黒区に住んでいる可能性が高いだろうと予想しています◎

奥菜恵のオッドアイらしいけどどこが?目の色が違うわかりやすい画像をチェック!

奥菜恵さんの目元は左右の眼もしくは一方の眼の虹彩の色が異なるオッドアイと言われています。

ネコの場合、日本では、一方が黄色(銅の色)、他方が青色の虹彩を持つ場合、金目銀目とも呼ばれる。

白猫に多く発症し、青色の側に聴覚障害を併発している場合もある。

タイ王国では「白い宝石」を意味する「カオマニー (Kaomani)」の名で呼ばれ、瞳については特に「ダイヤモンドの瞳」と称される。

なお、イヌの場合、シベリアンハスキーに限っては虹彩異常ではない。

オッドアイはイヌやネコが発症する場合が多く、人間が発症するのは非常に珍しいケースなんだとか。

病気の一種ではあるものの、インスタ映えするとても美しい目元ですね。

ただ、奥菜恵さんのオッドアイに関する情報について調べていると「どこがオッドアイ?」「全然わからないんだけど…」といったコメントが多数流れています。

確かに、写り方や光の加減によってはだだの黒目っぽく見えやすいのかもしれません。

わかりやすい写真を3枚発見したので一枚ずつチェックしていきましょう。

奥菜恵さんは右目(正面から見て左目)がライトブラウン、左目(正面からみて右目)がライトブランと黒に近いこげ茶がミックスしているタイプのオッドアイです。

一番わかりやすいと思ったのは上記の画像。

グラデーションっぽく色が綺麗にミックスされていますね◎

とっても美しいオッドアイですが、メラニン色素が薄いので紫外線から目を守ることができず結果的に視力が低下しやすい病気と言われています。

もし子供さんや自分自身に心当たりがある方は早めに眼科に足を運ぶようにし、普段からサングラスなどのアイテムで目をしっかり守るようにしましょう◎

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする