竹内力の本名は?若い頃の職業が意外&イケメン過ぎる!

今回は俳優・竹内力(たけうち りき)さんの本名についてみていきましょう。

竹内力さんの若い頃の職業が意外&イケメン過ぎるという噂についても調べてみました。

竹内力の本名は?

竹内力さんといえばコワモテ俳優として知られ、Vシネマ「ミナミの帝王」の萬田銀次郎として一世を風靡しましたよね。

『仁義』シリーズでも人気なり、哀川翔さんらとともに「Vシネマの帝王」と呼ばれています。

また、小沢仁志さんや白竜さんといったコワモテ俳優たちを加えて「Vシネマの四天王」とも言われていますね。

さらに現在は株式会社「RIKI PROJECT」の代表取締役を務めており、俳優のマネージメントや企画・製作を手がけています。

竹内力さんの本名は漢字表記は同じですが、「たけうち ちから」というそうです。

スポンサーリンク

いまやすっかり竹内力さん=「怖い人」と言うとおもいますが、実はデビュー当初はさわやかイケメンでした。

「竹内」の名字の全国順位&人数

「竹内」という名字の全国順位は54位で、人数にするとおよそ287,000人です。

全国でこの順位だと結構多いほうですよね!

「竹内」の由来

「竹内」の由来は現奈良県の大和国葛下郡竹内村にあるそうです。

語源としては竹垣で囲ったところと、周りを高所で囲まれた窪地や盆地からきています。

竹内力の若い頃がイケメン

竹内力さんは若いころ、とてもさわやかでイケメンでした。

映画『キャバレー』『彼のオートバイ、彼女の島』に出演しているころの画像をみると、俳優の城田優さんにそっくりですよね

竹内力さんは若い頃、イケメン俳優としてトレンディドラマに多く出演していたそうです。

『セーラー服通り』に出演していたころも、とってもさわやかな顔をしています。

また、大ヒットドラマ『101回目のプロポーズ』に出演していた頃は、どこからどう見てもさわやかイケメンですよね!

竹内力さんが初めてコワモテ役を演じたのが岩下志麻さん主演の人気映画シリーズ『極道の妻たち』でした。

その第一作にチンピラ役で出演していますが、当時はまだとってもイケメンで可愛い顔をしていました。

竹内力の若い頃は銀行員

竹内力さんは地元にある大分県立佐伯豊南高等学校を卒業後、一度旧・三和銀行(現在の三菱UFJ銀行)に就職しています。

高校時代はサッカーに夢中で勉強はおろそかだったとか。

そのため最終学歴は高校ですが、なぜか運よくいい担任と出会い、銀行に推薦で入れたそうです。

竹内力さんは銀行員時代もリーゼントヘアーをしており、大阪の支店で窓口業務を担当していました。

最初は髪型を注意されましたが、だんだんと上司も諦めていったそうです。

あの竹内力さんがお堅い銀行員をしている姿はまったくといっていいほど想像つかないですね。

しかし、銀行員時代からかなりのイケメンだったことでしょう。

竹内力の若い頃の活躍

竹内力さんは銀行員を辞めたあと上京し、しばらくウエイターとして働いていたところをスカウトされます。

その後1986年、映画『キャバレー』『彼のオートバイ、彼女の島』で2作同時公開映画で俳優デビューを果たしました。

その後さわやかイケメンな風貌を活かしてトレンディー俳優として活躍しますが、だんだんとVシネマに出演するようになります。

トレンディドラマでは武田鉄矢さん主演のドラマ『101回目のプロポーズ』に出演し、バイオリンを弾くさわやかな姿も披露していました。

今の竹内力さんからは想像もつきませんよね。いろいろな役柄をこなしていたようです。

当初は爽やかイケメンとして活躍していたのですが、もともと竹内力さんがやりたかったわけではありませんでした。

本来の自分とはかけ離れた役だったので、さわやかな役を演じることにストレスを感じるようになります。

そして、もともとやりたいと思っていたコワモテ俳優として活動し始めます。

1992年に出演した『難波金融伝・ミナミの帝王』で演じた萬田銀次郎がハマリ役となり、一気にブレイクします。

このシリーズは2007年まで続き、作品数は60作を超えるほどの大作です。

この作品に出演したことにより、これまでの二枚目キャラを封じてコワモテキャラに一気に変貌を遂げています。

竹内力さんは2009年、『影の交渉人 ナニワ人情列伝』に出演し、企画立案も担当するようになりました。

また、『桜のように』で演歌歌手デビューをするなどマルチに活躍しています。

もうすっかりコワモテ俳優として知られていますが、最近はバラエティ番組に出演していますよね。

そのときの様子がオチャメで可愛いと、いまじわじわと人気が出ているのです。

とても怖い見た目をしていますが、ふとしたときに見せる優しいな表情がたまらないと、若い女性から支持を集めているのです。

芸人やタレントたちと並ぶととても目立つので少し違和感がありますが、タレントとしてもブレイクするのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする